2016年07月07日

水鉢に、水が循環するようにしてみました


プラ舟に水を張り、水中ポンプで水をまわしています。


ポンプは水作のスペースパワーフィットを設置しました。
チューブを最高9本つけられます。テラリウム等に重宝しそうですね。屋外でフィルターはすぐに汚れそうなので耐久性が心配ですが。


エアチューブからチョロチョロと流れる水が涼しげです。


用土は荒木田土を使用しています。田土のこの自然な見た目が最高に好きです(^^)


よくビオトープでも利用される赤玉土では、自然な感じに見せるのは難しいと思いますね。


溢れでてるところも涼しげです。


水上葉のグロッソティグマが小さな、小さな花を咲かせています。ほんとに小さい(^^)
  


Posted by キタキタ at 22:23Comments(0)

2016年07月06日

グロッソティグマと田土で、田んぼの畦道作り


丈夫できれいなグロッソティグマがたくさんあるので、今回はこれと田土を使って水鉢の中に田んぼの畦道を再現しようと思いました。


スイレン鉢と素焼き鉢を用意。


スイレン鉢の中にすっぽり植木鉢を入れます。


すき間を赤玉土の小粒で埋めます。後でこの上に田土をのせるのですが、赤玉土を敷いておくと、粘土質の田土がスイレン鉢にこびりつくのを防げます。


同時にもう一鉢。こちらはかなり使い古した樹脂製の水鉢です。


同じように赤玉土を入れます。(入れすぎたのでこの後減らしました)


田土を入れ、水をそそぎました。


田土に植わったグロッソティグマをグワシッ、とつかんで。。。


おもむろに盛っていきます。


小さめのナガバオモダカを入れておおむねこんな感じ。かなりいい加減ですが、グロッソがのびてくるときれいになるでしょう(^^;)


こちらも同じように。


緑が茂ってくると、らしく見えるかな。今後のグロッソの成長に期待です(^^)  


Posted by キタキタ at 22:11Comments(0)水生植物

2016年07月04日

水辺植物をちょこっと購入


横浜のホームセンターによった際、気に入った水辺植物があったので買いました。左からナガバオモダカ2つ、ミズトラノオ、黄花シチリンチウム。


ナガバオモダカは小ぶりですが雑草のような趣もありなかなかいいです。


うさぎのぽぽたんが、ナガバオモダカをムシャムシャ食べ始めました。おいしいのかな(^^;)
この水辺植物をつかって、小さなビオトープを作ってみました。また次回の記事で(^^)/  


Posted by キタキタ at 22:06Comments(0)

2016年06月13日

バケツで水生植物栽培


ホームセンターで水生植物をいくつか買いました。
左からミニパピルス二つ、斑入りセイタカアシ、水トクサ、姫水トクサ。

寄せ植えで情緒ある水鉢なんか作ってみたいけど、今回は一品ずつでシンプルに植えて育てたいと思います。とても楽したい気分なんです(^^;)


鉢は100均で買ってきた黒い小バケツとゴミ箱。ちょうどいいサイズのものが見つかりました。


用土は荒木田土。


底に赤玉土を軽く敷きます。荒木田土がバケツにこびりつかず、スポッと抜けやすくなります。
左側は素焼き鉢。ゴミ箱には直接土を入れず、苗を素焼き鉢に植え込んでから入れてみることにしました。


水トクサは昨年から伸びまくっていたと思われる根がびっしり。思い切って真っ二つに切り分けました。葉は元気なく。。。


並べて位置を決め・・・


田土で植え込みます。


ミニパピルスは素焼き鉢に。茎が弱くクネクネ、風で折れてしまいます。太陽の光の下で丈夫な葉茎がでてくるのを待ちます。


同じ要領で植え込み完了。


水を張りました。


ヤゴの楽園になりそうな予感。。。たぶんなる(^^;)  


Posted by キタキタ at 09:00Comments(2)水生植物

2016年06月05日

スイレンとグロッソティグマは、田土がいい


スイレンの株元に、グロッソティグマが生えているときれいかなと思い、一昨年、ちょろちょろと植えてみると・・グロッソの勢いがものすごく一面を覆ってしまいました。グロッソは田土で植えると大変よく成長してくれます。ちなみにヘアーグラスも田土でよく増えますよ。


スイレンは調子が今ひとつ、葉も少ない。そろそろ植え替え時かな。


時期的には遅いのですが、スイレンは植え替えてグロッソは取り出して別に植えることにしました。


スイレンとグロッソを分けました。


スイレンは元の鉢に田土で単独で植え替え。


グロッソはバケツに入れて保留中。


もう一つ、この水鉢の中にもスイレンとグロッソの鉢が。


こちらも同じくスイレンの成長が今ひとつです。


同じ要領で植え替えです。




  


Posted by キタキタ at 21:54Comments(2)スイレン

2016年05月24日

Lサイズめだかは撮りやすい

週末はめだか達の写真を撮りました。
大きいめだかほど動きがのんびりでカメラのピントが大変合わせやすいです。小さめのめだか達は元気いっぱいでカメラのフレームに入れるのもピントあわせも大変なのに、ここぞというときにフラッシュの充電が追いつかないとか、一苦労です。


Lサイズの三色たちは特にのんびり屋さんのようです。


この二匹はいつ撮っても写りこむくらいフレームインしてきます。物怖じしないタイプのようです。


変わってこちらはMサイズの若い三色と二色。めっちゃ活気があって撮るのが一苦労です。








なんだかサイズも色もバラバラ・・。以前は琥珀系三色、主赤系三色、紅白、くらいには分けていたのですが、同じような子ばかりだと思い混ぜてしまいました。今こうしてみてみると、いろんな血統の子がいるのがわかりますね。。。


丹頂系の親もいたので、こんな子がよく生まれてきます。丹頂系だけで分けていたときよりも、なぜだかしっかり丹頂系の子孫が生まれてきているようにも思えます。  


Posted by キタキタ at 21:10Comments(2)めだか・プラ舟池