2012年12月14日

ルリーシュリンプは最強の観賞エビか

ルリーシュリンプを飼い始めて1年。昨年は大事に大事に、室内の加温水槽で冬越しをさせました。今年もめだか達と一緒に加温水槽に入れましたが、2匹だけ、屋外にとり残され寒い中を過ごしています。


その2匹は庭においた水鉢にいます。


先週末、寒い寒いと思って水温を計ると朝8時で3度くらいでした。水温計の右隣に1匹。


もう1匹も健在。


今週に入ると朝、氷がはるようになりました。


どうだろうと見てみると、氷の下にルリーの姿、生きてます。こんなに寒さに強かったのか・・。


こちらは室内の加温水槽のルリー達。卵をもっては次から次へと産まれているようす。


その水槽の外部フィルターを掃除した際、中からルリーが10匹くらい出てきた!
吸い込み口にはストレーナーにスポンジフィルターをつけてるんだけどな~。もぐりこんではいってきたのか。なんて奴ら、めっちゃ元気だ。


これは7月の初旬、庭のプラ舟にいたルリー達をあつめたところ。
南側で真夏はお湯と化すプラ舟池では絶対まずいと思ってすくいだしました。プラ舟の中は水泡のような気持ち悪い藻類のようなものや、どろどろの堆積物でいっぱい!そんな中でもルリーはじゃんじゃん数を増やし、すくいだすのが大変でした。

その後、でっかいポリバケツにホテイソウをたくさん入れて水温が上昇しすぎないように気をつけて夏を越しましたが、数はだいぶ減りました。やはり暑さがネックなのか・・。
次の夏は南側の庭に置いたプラ舟でも生き延びるか見てみよう・・。もし生き延びたらヌマエビなみに強健ということになるぞ。


同じカテゴリー(エビ・シュリンプ)の記事画像
レッドファイヤーシュリンプを屋外飼育で
ヤマトヌマエビお掃除隊
ルリーシュリンプの働き
室内水槽と、ルリーシュリンプ
ルリーシュリンプの夏越し
ルリーシュリンプの部屋はにぎやか!
同じカテゴリー(エビ・シュリンプ)の記事
 レッドファイヤーシュリンプを屋外飼育で (2016-07-09 20:06)
 ヤマトヌマエビお掃除隊 (2013-05-27 12:46)
 ルリーシュリンプの働き (2013-02-21 21:29)
 室内水槽と、ルリーシュリンプ (2012-10-02 22:50)
 ルリーシュリンプの夏越し (2012-09-05 22:03)
 ルリーシュリンプの部屋はにぎやか! (2012-02-23 12:34)

この記事へのコメント
やぁ~ 
お久しぶり~~~ww

ルリーは高水温より 低水温に強いようですね
ウチにも屋外のメダカ容器に入れっぱなしのルリーがいるんですが
残っているのか~? 
春になったら確認したいですww

大切に育てても 増えない事もあるし
ほっといても増えることもある
エビもメダカも~ ですね(笑)
Posted by *ぶっちょ* at 2012年12月14日 13:09
へえ~ 丈夫なものなんですね
薄氷の下でも平気なんですか!
丈夫で鑑賞に良し と、なれば良い事づくめではないですか

ルリーシュリンプって出かけの頃はペアで数万円なんて値段がついていましたよね
今は随分お安くなりましたね
この金額も屋外鑑賞用にはいいことですよね

わたしの記憶ではルリーはヌマエビ系だったような・・・
レッチェリからの固定だったかな~?
なので基本ミナミと飼育条件は変わらないと思いますよ・・・タブン

でも屋外の水鉢やプラ船にルリーがいっぱいは、ちょっと贅沢な気分ですね
まさしく最強の屋外鑑賞エビかも知れませんね~
Posted by kanbee at 2012年12月15日 09:27
キタキタさん、こんにちは。
ルリーシュリンプって綺麗でたまごもプリプリですね。
フィルターの中にはいっていくなんて元気いっぱい!
綺麗!丈夫!沢山増える!三拍子揃った素晴らしいえびですね。
いつも楽しい記事楽しみにしています。
御家族の皆様も風邪などひかれませんように、、、
Posted by みいたま at 2012年12月15日 22:47
ぶっちょさん、こんばんはー。

お久しぶりです~。
寒くなるとめだかネタはすっかりなくなってしまいました。
お世話はちゃんとしてるんですけどね。

ぶっちょさん家のルリーも庭できっと耐え忍んでいますよ。
なんらかしら原因があるんだろうけど、
うまくいくときいかないとき、ありますよね。

ひょっとして、ガラス水槽に原因があるんじゃないか、と思ったりします。
ガラス水槽ってストレスたまりそうだし、
前にミナミ育ててる時も、ガラス水槽より庭のコンテナのほうが
よく育ってたし・・。ん~。わかりませんが。
Posted by キタキタキタキタ at 2012年12月16日 22:08
kanbeeさん、こんばんはー。

はい、ルリーはレッチェリからの改良品種だってみました。
数万円!? ほんと高かったんですね。
こんなに丈夫でよく増えたら、価格がさらに安くなるのも時間の問題ですね。
ミナミくらい値段が下がって、扱いも雑になったりして・・・
体色きれいだけど、お掃除の能力は低いみたいです。残念!
Posted by キタキタキタキタ at 2012年12月16日 22:14
みいたまさん、こんばんはー。

ありがとうございます。
いぜんはミナミヌマエビも長く飼っていたのですが
殖え方はルリーの方がいいように思いますね。
赤いのがたくさんふえていくさまもかわいらしいし。
寒い冬をなんとか乗り越えてくれるといいですね~。
Posted by キタキタキタキタ at 2012年12月16日 22:19
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。