2010年10月09日

ホームセンターで、めだかの飼育容器探し

日本人のDNAでしょうか。川で泳いでいるめだかを見るように、めだかを上からながめると、とても愛くるしく風情に思えるのは・・。めだか飼育は、横からながめるならガラスやアクリルの水槽で、上からながめるならいろんな容器で楽しめます。(私は上からながめている方が好きですね)

今日はホームセンターによって、めだか飼育に使いたくなる容器を写真に撮って来ましたのでご紹介いたしまーす。


ご存じの方も多い左官資材のプラ舟。
めだか好きの方がけっこう使用されています。深さが20センチほどと浅い水景のようで最適。私はこの緑色が意外とめだかと合うと思います。特に赤系のめだかはとても色が栄えて見えます。(私はね)


この小さめのプラ舟(プラ舟40)なんか、手頃な大きさではないでしょうか。水草を浮かべてめだかを泳がせると、かわいくていいと思いますよ。


同じ左官資材の中で最近気になっているのがこの丸い「ねり樽」。
大きい方をひとつ持っていて、水換え用に使っていたのですが、ある日めだか達を待避させるのに入れてみるととてもいい感じに。スイレン鉢もそうですけど、丸い容器とめだかってよくあうと思います。


丸いといえば、バケツやこんな漬物樽もよく合うと思います。


タッパー類は稚魚を育てたりするのにいいですね。この辺のものは100円ショップにたくさんありますね。


ひとつ欲しいなーと思っている成型池。庭に穴掘って埋めて、まわりの植栽をうまくすればかっこよさそう。


コンテナ類。サイズが豊富です。


発砲スチロールの箱。保温性が高く、冬越しに使用されることが多い。


あと水栓のついた鉢。水抜きの穴をふさぐと水がためられます。写真は見るも無残な感じですが、めだか達が元気に暮らしてます。

以前は白めだかしかいなかったので、大きめのプラ舟にゆうゆうと泳がせて楽しんでました。最近はいろいろ買って種類も増えたので、小さめの容器をたくさん並べて観賞できるようにしたいなーと思ってます。置き場所と、欲しい容器が高かったりといろいろ頭も悩ませてます。



同じカテゴリー(めだか・プラ舟池)の記事画像
屋内、水鉢のめだか達
芋洗い三色めだかたち
めだかのエサに冷凍赤虫がオススメ
暑い中、元気に卵産んでます
夜のめだか達
Lサイズめだかは撮りやすい
同じカテゴリー(めだか・プラ舟池)の記事
 屋内、水鉢のめだか達 (2017-03-26 19:53)
 芋洗い三色めだかたち (2016-09-19 20:19)
 めだかのエサに冷凍赤虫がオススメ (2016-08-18 21:59)
 暑い中、元気に卵産んでます (2016-07-19 20:20)
 夜のめだか達 (2016-07-16 22:32)
 Lサイズめだかは撮りやすい (2016-05-24 21:10)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。