2015年07月27日

ミジンコ、耐久卵の子たち!

ミジンコは一般的に環境の良いときはメスのみを産んでクローンで増え、生存危機が迫ったときにだけオスを産んで交配し、過酷な環境でも生き抜く卵(耐久卵)を産むといわれています。卵は黒い小さなサヤ状で、ミジンコがおしりにポチっとつけていたり、水面に浮いていたりします。



今年4月12日、ミジンコの増え具合がいまひとつだったので、目に見える耐久卵と泥の中にまぎれてそうな卵を、泥ごとまとめてアミで濾しました。

ミジンコを飼っていると調子よく増え続けていてもいつの間にかいなくなってしまうことがあります。卵を産んでいることがあるので、捨てずに孵化を試してみるのもおもしろいですよ。簡単ですのでぜひお試しください。


泥の中にはまだ生きてるミジンコがたくさんいましたが、このまま軒下で自然乾燥させました。泥ごと乾燥させましょう。一定期間乾燥させると孵化するようです。あと泥があったほうが孵化後、よく成長すると思います。


そーれから・・・ 6月の末、梅雨時のある日、タッパーを外に出し、雨水にさらしておきました。
自然乾燥させた泥も一緒に入っているので、青水など加える必要なないと思います。


7月11日の様子。雨水にさらしてから数日でミジンコの孵化を確認でき、日に日に大きくなって目立つようになりました。茶色い線のように見えるのがミジンコ達。


丸い45リットルのミジンコ飼育バケツ。ここ最近、どうも増え方がいまひとつで、ほとんどいなくなるほど。エサなのか、環境なのかと頭を悩ませていたのですが・・・


耐久卵で生まれたミジンコたちを加えたら、目に見えて増えていきました。


ミジンコたちを小分けにして飼育している小バケツでもうまく増えなくなっていたのが・・


しっかり増えるようになりました。耐久卵で生まれたミジンコたちのおかげかな。クローン続きだと生命力落ちるのでしょうか。
真夏だというのにミジンコたち、めっちゃ増えてますよ~ (^^)/


めだかの稚魚とミジンコたち。



同じカテゴリー(ミジンコ)の記事画像
ミジンコバケツのお掃除
秋の三色めだか達
ミジンコ定点観測 その3
ミジンコ定点観測 その2
ミジンコ定点観測 その1(セット編)
ミジンコにはドライイーストと、めだかの飼育水もね!
同じカテゴリー(ミジンコ)の記事
 ミジンコバケツのお掃除 (2015-01-18 22:43)
 秋の三色めだか達 (2014-09-29 06:28)
 ミジンコ定点観測 その3 (2014-09-07 15:22)
 ミジンコ定点観測 その2 (2014-09-04 07:13)
 ミジンコ定点観測 その1(セット編) (2014-08-27 22:22)
 ミジンコにはドライイーストと、めだかの飼育水もね! (2014-08-09 21:14)

この記事へのコメント
こんにちは。
ブログ更新楽しみにしていました。
うちのミジンコ達も今年は上手く増えて、良い感じにメダカちゃん達に貢献してくれました! 最近はドライイーストもサボり気味なので増やしてませんが、今シーズン最後の羽化メダカちゃんにと思い、ミジンコ容器に網を入れてみた所まだ、頑張っているミジンコ達がいて、針子達と同居開始しました。私も耐久卵確保して来年トライしてみます。
今年初挑戦、二色、三色メダカ達が良い感じに出ています。これからの変化、成長に期待しています。
Posted by しゅー吉 at 2015年07月30日 20:32
しゅー吉さん、こんにちはー。

暑い日が続きますね!
耐久卵ぜひトライしてください!
めっちゃ丈夫な気がします。

二色、三色、楽しみですね。
大きくなるとさらに化けますからね~(^^)
Posted by キタキタキタキタ at 2015年08月01日 13:34
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。