2013年11月09日

めだか撮影:ストロボをカメラから離して使う


外部ストロボをカメラ本体から離して使用するためのアイテム、シンクロコードを使うと、普段撮っている写真とは違う、立体感のある写真が撮れますよ。


またまたカメラ女子はうちの娘です。こんな風に撮ってます、って見せるためのモデルです。
ストロボを左手に持ち、水面に近い位置でかまえて撮ります。








ストロボの光の向きや角度によっては、ちょっと変わった趣になったりします。
(レンズ:14-42mm3.5-5.6広角側で撮影 F11 1/125 ストロボオート)


アップもいかがでしょうか (^^)
(レンズ:マクロ35mm F11 1/125 ストロボオート)


同じカテゴリー(撮影の仕方)の記事画像
内蔵ストロボで簡単、めだか撮影 その2
内蔵ストロボで簡単、めだか撮影
レンズの画角を実感しよう!
めだかの撮影
同じカテゴリー(撮影の仕方)の記事
 内蔵ストロボで簡単、めだか撮影 その2 (2013-10-29 12:28)
 内蔵ストロボで簡単、めだか撮影 (2013-09-15 20:36)
 レンズの画角を実感しよう! (2013-09-15 13:36)
 めだかの撮影 (2013-09-11 19:45)

この記事へのコメント
な~るほど
外部ストロボはこうやって使うのですか

普通ストロボを使うとのぺーとした平面的写真になっちゃいますよね
キタキタさんの写真はフラッシュを使ってても立体的だなーと思っていたらこういう事だったんですね

勉強になりました
そして欲しくなりました(笑
でも調べたら結構お高いんですね
欲しいレンズもあるし・・・悩ましいです^^
Posted by kanbee at 2013年11月09日 08:54
kanbeeさん、こんばんはー。

このシンクロコードって高いですよねー。
こんなのどっかのメーカーがOEMで作ったらすんごい安くでできそうですが。。。
この撮り方で露出、構図などばっちり決まるとほんと、いいですね。
自分でも実物以上にきれいだとご満悦だったりします(^^)

私もレンズ欲しー。けどやっぱり高い。。。
Posted by キタキタキタキタ at 2013年11月10日 22:01
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。