2016年07月10日

クリプトコリネ3種を植付け


チャームさんで購入した「クリプトコリネおまかせ3種」。ルテア、ルーケンス、パルヴァが届きました。パルヴァは小型でかわいく特に気に入りました。ルーケンス、ルテアは以前、水草水槽で処分するほど増えていたことがあります(^^;)


今回、植木鉢に植えて、プラ舟で屋外栽培しようと思います。用土はソイルと荒木田土。


各クリプトコリネを二つに分けて、ソイル、荒木田土に植え付けました。
育ちに違いがあるか見てみたいと思いました。予想は・・・根のはりがよさそうなソイルか、養分の豊富そうな田土か・・。


プラ舟の水深は浅めで葉が水面にでるくらいにしてみました。植木鉢いっぱいになるくらい成長してほしいな。  


Posted by キタキタ at 21:40Comments(2)水生植物

2016年07月06日

グロッソティグマと田土で、田んぼの畦道作り


丈夫できれいなグロッソティグマがたくさんあるので、今回はこれと田土を使って水鉢の中に田んぼの畦道を再現しようと思いました。


スイレン鉢と素焼き鉢を用意。


スイレン鉢の中にすっぽり植木鉢を入れます。


すき間を赤玉土の小粒で埋めます。後でこの上に田土をのせるのですが、赤玉土を敷いておくと、粘土質の田土がスイレン鉢にこびりつくのを防げます。


同時にもう一鉢。こちらはかなり使い古した樹脂製の水鉢です。


同じように赤玉土を入れます。(入れすぎたのでこの後減らしました)


田土を入れ、水をそそぎました。


田土に植わったグロッソティグマをグワシッ、とつかんで。。。


おもむろに盛っていきます。


小さめのナガバオモダカを入れておおむねこんな感じ。かなりいい加減ですが、グロッソがのびてくるときれいになるでしょう(^^;)


こちらも同じように。


緑が茂ってくると、らしく見えるかな。今後のグロッソの成長に期待です(^^)  


Posted by キタキタ at 22:11Comments(0)水生植物

2016年06月13日

バケツで水生植物栽培


ホームセンターで水生植物をいくつか買いました。
左からミニパピルス二つ、斑入りセイタカアシ、水トクサ、姫水トクサ。

寄せ植えで情緒ある水鉢なんか作ってみたいけど、今回は一品ずつでシンプルに植えて育てたいと思います。とても楽したい気分なんです(^^;)


鉢は100均で買ってきた黒い小バケツとゴミ箱。ちょうどいいサイズのものが見つかりました。


用土は荒木田土。


底に赤玉土を軽く敷きます。荒木田土がバケツにこびりつかず、スポッと抜けやすくなります。
左側は素焼き鉢。ゴミ箱には直接土を入れず、苗を素焼き鉢に植え込んでから入れてみることにしました。


水トクサは昨年から伸びまくっていたと思われる根がびっしり。思い切って真っ二つに切り分けました。葉は元気なく。。。


並べて位置を決め・・・


田土で植え込みます。


ミニパピルスは素焼き鉢に。茎が弱くクネクネ、風で折れてしまいます。太陽の光の下で丈夫な葉茎がでてくるのを待ちます。


同じ要領で植え込み完了。


水を張りました。


ヤゴの楽園になりそうな予感。。。たぶんなる(^^;)  


Posted by キタキタ at 09:00Comments(2)水生植物

2015年11月22日

ねり樽水槽と、旺盛な水生植物たち


幅60センチほどある左官資材の「ねり樽」。中に大き目の植木鉢を沈めています。
季節によって、セリ、スイレン、アマゾンフロッグビットと主が変わります。


夏前くらいはセリ。


真夏はスイレン。今は窮屈すぎて環境悪すぎです。


細かい葉はグロッソティグマ。葉の色など一番調子いいです。


秋になってからも増える増える、浮き草のアマゾンフロッグビット。ドワーフフロッグビットだったかな。。。何層にもなるほど増えまくり。冬も屋外でOKです。


そのアマゾンフロッグビットが花をいくつか咲かせていました。


小さくてよく見ないと気がつかないほど。私もブログ用にとカメラを向けてはじめて気がつきました。


今日、このねり樽入りになっためだか達。三色めだかの選別もれで色抜けもブチもなし、まるで楊貴妃です。

  


Posted by キタキタ at 20:45Comments(2)スイレン水生植物

2015年11月17日

グロッソティグマを、屋外で栽培

川にゆらゆらと、たくさんの水草が群生しているのを見ると感動します。普段お金をだして買っているものですから、ついお金がゆらゆらと揺らいでいるようにも見えてしまうのですが。。。
代表的なものではアナカリス、マツモ、バリスネリアなど。
アナカリスのように耐寒性があり、冷たい水の中でも大丈夫なものは日本に帰化しましたが、そのうち帰化してもおかしくないと思う丈夫な水草がうちにあります。


スイレン鉢の中の緑色の水草、アクアリウムでおなじみのグロッソティグマです。


昨冬は屋外で氷がはる日ものりこえ、越冬してしまいました。しかも葉を落とさずに、です。


スイレンのまわりに適当に挿し芽をしておいたのが元気にモリモリになりました。


2週間ほど前は花がたくさん咲いていたのですが、撮るのが遅かった。小さくて白いかわいい花が咲きますよ。


こちらの水鉢、モヤモヤしているのは藻類。


ヤマトヌマエビでも大量に入れるときれいにしてくれそう。でもその前に脱走しそうですが。


こちらは泥の堆積物が薄くたまった水鉢に、浮かべておいたグロッソティグマの切れ端が根付いてくれたもの。


きれいな絨毯になってます。


こちらは夏に挿し芽をしておいたもの。この鉢は思うようにはのびませんでした。


ちいさな子めだかが数匹います。


めだか達のようすはまた今度。。。

  


Posted by キタキタ at 21:53Comments(0)スイレン水生植物

2015年04月22日

肥溜めのようなめだか池



週末に庭の雑草抜きなど庭のお手入れと、めだかの飼育容器をひとつ庭に用意しました。
真ん中の丸い容器、プラ舟の素材と同じリス興業のねり樽50。幅600×高さ300mmとそこそこ大きめ。


そのまま置いたのでは雰囲気も何もないので埋めてみました。が、こ、これがまたなじまない・・・なんか昔の肥溜め。。。センスなさ過ぎ。この時点でかなり意気消沈してしまったのですが、作業を進めました。


ねり樽の中に沈める水鉢。白い水鉢の中に、さらにスイレンの鉢が入っています。隙間に田土を足してセリを植えました。セリの根張りが強いので、スイレンと分けておくためです。

ちなみに用土は石田精華園さんで購入した田土です。ホームセンターで売られている田土よりもくずれやすく、植えやすいです。色も黒っぽいのが特徴。スイレンの成長もいいです。以前植えたとき、水をはるとミジンコがわきました(^^)


昨年田んぼでとってきたセリ。水につけておくただけでも増えます!地上部は冬の間は枯れて、春先からまた勢いよくのびてきました。


中に入れる幹之達。この他に楊貴妃やぶちめだかも一緒に入れました。


田土は濁ります。2日たってもほぼこのまま。。。


何度見ても変だな~。
近くのホムセンで大きめの水鉢がお安く売ってたので、そっちを買ってかえちゃうかも。。。陶器の水鉢ならもう少しなじみそうだし。。。  


Posted by キタキタ at 22:52Comments(2)水生植物

2014年05月25日

プラ舟のワンポイントに、水辺の植物


プラ舟の中に水生植物を入れたいと思い、ちょっと小細工して底面フィルター付の水鉢を作ってみました。用意したのはミニタイプの底面フィルター(ニッソー・バイオフィルターミニ)と100均で購入したタッパー、(写真にはありませんが)ケト土と砂。

そうそう、ホームセンターに底面フィルターを買いに行ったのですが、2ヶ所まわっても置いていませんでした。低コストすぎて売り上げにならないか、利用するアクアリストが少なくなったかで置くのをやめたのかな・・・。結局通販で買いました。


底面フィルターをセットしたタッパーにケト土、砂を入れて、田んぼでとってきたセリを植えました。
底面フィルターのパイプは、プラ舟には長かったので半分くらいにカットしました。


プラ舟にしずめてみました。見てくれはまだ悪いけど、セリがのびればかなりかっちょよくなるんじゃないかな。普通に素焼き鉢に植えて沈めてもよかったのですが、たまには小細工もしてみよう♪と思いまして。


もうひとつ作ってみました。これはベニチガヤかな?


プラ舟の中に水生植物があると、めだかの泳ぐ姿も映えますよね。でもエアーチューブが無粋だなー。
  


Posted by キタキタ at 21:01Comments(8)水生植物

2014年05月20日

浮き草は汚水がお好き?

冬の間、熱帯魚の水槽の浮き草に、ドワーフフロッグビットを購入しました。
買ったのは5株。それが水槽の中で増える増える!じきに水槽いっぱいになり、屋外の簡易温室のめだか水槽に、枯れること必至で移しました。しかしこれが枯れない・・・。かなり黄色くなったりしたものの、じわ、じわ、じわ・・ふ、増えてる。



最初に買った5株。2月に購入したときに撮ったもの。


あたたかくなるにつれてさらに増え、どうしようかとバケツに入れておきました。右と左で葉の色が違うでしょ?


左側。めだか水槽でいっぱいになったものを入れて、てきとうに水をはっておいておきました。葉は黄色っぽくって力無さげな感じですが、虎縞のかわいい斑が入ってます。


つかみとると、何重もの層になってますよ。底の方までぎっしり!これでもかなり捨てたんです。


右側のバケツのものは、斑が無く緑色をしています。こちらの方がよさそうな感じ。


つかみとると臭い~。ベランダの排水溝にたまったごみや泥を集めて、捨てるのが面倒でバケツに溜めておいたものなんです。そこに雨水が溜まって超ドブ臭い。中のドワーフフロッグビットとミニのホテイソウは、排水溝に流されていたものが復活したものです。んー、浮き草は養分が豊富だと爆発的に増えそうですね。アジアのどこかで川が富栄養化でホテイソウが大繁殖してるってのもありましたし、わかる気がします。
  


Posted by キタキタ at 22:48Comments(4)水生植物

2012年05月10日

満開のラベンダーと、カキツバタの花


毎年この時期はうちに一番たくさんあるフレンチラベンダーが咲き誇ります。今年も満開です。
そして・・・


おっ!満開のラベンダーの中にあってもしっかり目立つ、カキツバタの花がありました。蕾があがっていたのには気がつかなかった・・・。


めだかの稚魚が生まれたら数匹ここにはなそうかな。いつも野良猫さん達の水飲み場になってるようです。


こちらの鉢にも蕾が上がっている!近々咲きそうですね。


ベランダから庭を見降ろして。サルスベリが勢いよく芽吹いています。


プラ舟の中のスイレンも咲きだしました。

めだかは産卵をはじめて、ラベンダーが咲きまくって、カキツバタが咲いて、近所の野良猫たちがニャーニャーと・・・この季節はほんとにぎやか。つい先日まで寒くてさみしい~い季節だったようなのに・・。うかうかしてたら楽しみにしてたものを見過ごしてしまいそうです。  


Posted by キタキタ at 23:57Comments(2)水生植物

2012年04月18日

カキツバタの水鉢


昨年の5月中頃、ベランダで咲いたカキツバタです。
丈夫で育てやすく毎年きれいな花を咲かせてくれます。そしてこの剣状の葉が大変気に入ってます。この株もとにめだかが泳いでいたらもう和みまくりですね。


そのカキツバタ、また冬を越して剣状の葉をのばしてきました。
今年は陶器の鉢から取り出し、樹脂製の鉢に植えかえです。さらに勢いよくのびてくれればな~と思います。


こちらは別の鉢。ミツガシワやポンテデリアが植わっています。
暖かくなってきて新芽をのばしてきました。


中をみると、くるくるとまわるように泳いでいるカイミジンコ(たぶん)の姿が。た~くさんいます。2,3年前に買った水生植物のポットにいたのが、ず~っと子孫を残してるのかも。他のミジンコは全然わかないのに、このカイミジンコみたいなのは毎年あらわれます。

そのうちめだかにあげよう~。めだかはカイミジンコを好んで食べないらいしいけど、いちおう食べますよ。  


Posted by キタキタ at 12:29Comments(5)水生植物